So-net無料ブログ作成
すきだった ブログトップ

「ハチミツとクローバー」だって・・・ [すきだった]

たぶん、ネットのニュースか何かだろう、初めてこのタイトルを見た時、
何か、泡のようにふんわりとした物がフラッシュバックした。

---マンガのタイトルらしいと言う事はわかったが、
---甘そうな話だなと思ったくらいで、その内容には全く興味はなかった。

あれは、僕が大学3年になったばかりの春、専攻が決まって、学生生活が楽しくなって来て、
まだ就職の事も考えてもいなくて、のほほ〜んと、楽しい事ばかり追い求めていた。

その1つは、もちろん恋だったりして・・・学科の授業中、窓から見えるグラウンドに
走っているキミを探して、「あ、見つけちゃった☆」なんてアホな事ばかり考えていた。
MDで、キミから借りた、スピッツの「チェリー」を聴きながら・・・
ガムまでチェリー味にしたりして・・・

---でも、「チェリー」って終わった恋の歌で、今、その歌詞を見ると「あぁ・・・」って
---いうくらい、ベストマッチなんだけど、当時はどんな事、考えて聴いていたのかなぁ。
---なんか、バカみたいに楽しかったんだよなぁ。

あの時期、キミと僕は、不思議なくらいシンクロしていた。
もう、何が同じでも驚かないくらい、すごく「合って」ていた。
言葉にしなくても、わかることばかりだった。
当たり前だと思っていた。

ただ、それを僕は「嬉しい」と思い、キミは「ちょっと気味悪い」と思っていた。
そして、キミは段々変わって行き、僕はずっとそのままだった。
僕は、着いて行けずに困惑し、キミは、飽きてうんざりして行った。
そして、終わってしまったけど、そんな日が来る事も、お互い知っていたから、
後腐れもなかった。

なんだか、楽しかった事ばかり思い出せて、ちょっと気にくわない。
そんな事ばかりじゃなかった筈なのに・・・

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

いつだったかな、ある日、僕が「涙がキラリ☆」を好きだといったら、キミは「ハチミツ」
というアルバムを貸してくれた。
その時に、実はスピッツが、うちの大学出身らしいとも教えてくれた。
「へぇ〜」って思ったけど、その時は他の曲にあまり興味はなく、
1度聞いただけで返してしまった。

それからだいぶ経って、BOOK OFFで「ハチミツ」を見つけた時、つい買ってしまった。
甘い、と思っていたけど、意外と甘くなかった。
かすかに聞き覚えがある曲達・・・あの頃は、耳に入ってこなかった曲が、好きになったりした。
その1つが「歩き出せクローバー」だった。

「クローバー」が入った「ハチミツ」・・・
ハチミツとクローバー、これだったらしい。
キミとの泡のような思い出・・・


*一応GIFアニです・・・

ハチミツ

  • アーティスト: スピッツ, 草野正宗
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1995/09/20
  • メディア: CD

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

これを書いてから、トラバしようと、papaさんの「ハチミツとクローバーです」を
見に行ったら、なんと美大生の話だそうで・・・すごいビックリ。
読まなきゃイケナイかも。。。


nice!(9)  コメント(15)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

ノンタンの思い出 [すきだった]

昨晩は、長年一緒に働いていたバイト君の送別会でした。
久々に、懐かしい仲間も集まり、ついつい深夜まで飲んでしまいました。
色々積もる話もあって、楽しかったです☆

そこで、1年振りくらいに、元同僚のM君に会ったのですが、
話していてこんな物を思い出しました。

「そいえば、僕、アレまだ持ってるよ(笑」
「え?アレって?」

↓これ↓


みなさんご存じ「ノンタン」です。かわいいでしょ?
これ、手作りなのです。M君の元カノの(笑

まだ、M君が、その子と仲良しだった頃、M君は、コレをいつも机に
飾っていて、僕がいたづらして隠したりしようもんなら、
本気で怒られたものです。

が、半年ほどで、M君はその子と別れてしまい、しばらくして別の会社に
移ることになりました。
M君が、机を片づけた後、残ったのは、電話と「ノンタン」だけ・・・

「なんだよ、ノンタン置いてっちゃうのかよ〜。」
「だって、もういらないっす・・・」
「あんなに大事にしてたのに〜かわいそうじゃん。」
「じゃ、ぴょんさんにあげます・・・」
「えっ?くれんの?いいの?」(喜)

かくして、ノンタンは、僕のコレクションの1員となったのでした。

手作りのぬいぐるみを大事にしてみたり、かと思えば、別れたからイラナイと
言ってみたり、いい歳して中高生みたいなヤツだな〜と思っていましたが、
久々に会っても、そのまんまでした。

みなさんは、別れたら、もらった物、捨てちゃう派ですか?とっておく派ですか?
こんな「思い出の品」TBしていただけたら嬉しいです!

僕は・・・言うまでもないですね(笑


うさこちゃん [すきだった]

懐かしシリーズ第4弾です。
papaさんの「我が家のミッフィー」を見て、こんな本を持っていたことを思い出しました。
そもそも、この本を探しに、先週末納戸を探索した筈が、
余計な物を沢山見付けてしまい、ここに行き着くのが遅くなりました。

「子どもがはじめてであう絵本」の名の通り、僕が0歳の時に初めて出会った絵本です。


確か4冊セットで、母が懸賞で当てた物だったと思います。
中でも「ゆきのひのうさこちゃん」が好きだったことは覚えています。

続きを読む


ゴウグルロボット [すきだった]

納戸から発掘した、懐かしいシリーズ第3弾。
6歳の時に描いた、当時の自信作。(らしい)

Title:ゴウグルロボット

子供の理解力って謎です。
小さい「ツ」はOKで、横棒「−」はダメと。
そして区切りはゴウグとルロボットの間にあったようです。

添えてある母のコメントには、
「子供がどうしても幼稚園に持っていきたいと申しまして・・・」
と申し訳なさそうに書いてある。
迷惑なガキだったようです。
ごめんなさい・・・


懐かしい? [すきだった]

kiyoさんの、トラバで写真♪ #8 「四角い物のある風景」に参加しています。

Title:懐かしい?

子供の頃、夢中になった、そんな気持ちを忘れずに。

続きを読む


灰色うさぎ [すきだった]

昨晩載せた、おしりとしっぽの正体です。


コアラのようなおしりとしっぽを持った、灰色うさぎでした。
ちょっと珍しい種類です。

僕の大切な一人娘でしたが、昨年の秋、お月様に帰ってしまいました・・・

続きを読む


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ペット

おしりとしっぽ [すきだった]

kiyoさんのトラバで写真♪ #7 「”鈍”色がある風景」に参加しています。
まずはありもので、家に帰ってから、また撮りたいと思います。


誰のおしり?

正解はあとで。

今となっては、この子との思い出も鈍色です・・・


nice!(6)  コメント(11)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ペット

RIKIスツール [すきだった]

昨日、アアルトのSide Cair No.66が家にやってきたことで、役目を終える事となったスツールも
合わせて紹介しておきます。


RIKIスツール(ハイスツール)
デザイン:渡辺 力
メーカー:イオスコレクション
素材:段ボール・組み立て式

1番安く手に入るデザイナーズチェアとして有名だった気がします。
カラフルで、組み立て式、持ち帰りも楽々、と紙工作のようなお手軽感を漂わせつつ、
1tもの耐荷重があるのには驚きです。

7年くらい前、初めて1人暮らしをすることになった時、パソコン用の椅子として購入しました。
当時、大学生でお金も無く、タイヤが付いたパソコンチェアを置くようなスペースも無く、
かといって、ホームセンターで売っているような丸椅子は買う気になれず、
という時に東急ハンズでコレに出会いました。

その存在は知っていたものの、そんなに安い(2500円でした、確か)とは知らず、
値段を見て即決した記憶があります。
調度2個欲しかったので、赤とキイロを買って混ぜて使うことにしました。
一人暮らしを終えてからも、Pictoが来るまでは、パソコンチェアとして、ちょっと不自由ながらも活躍、
その後は予備の椅子として、たまに座ったり、物置になったり、主に踏み台になったりして過ごし、
だいぶ貫禄も出てきていました。いい感じに凹みが出来ているのがわかりますか?

難点もあって、床に接している部分に埃が溜まりやすかったり、
ウッドで統一されつつある部屋で、ちょっと似合わなくなってきたりもしていました。

そんな訳で、交代の時期は近づきつつあったのですが、とうとうこの日がやってきました。
来週のリサイクルに送り出そうと思います。今までありがとう☆


フライドポテト [すきだった]

もう、際限なく食ってました。高校生くらいまでは。
外食するときは、サイドにこれがついてるかどうかでメニュー決めてたくらい。

小さい頃は「S」しか買ってもらえなくて、でも「S」って入れ物が紙袋で、本当は赤いボール紙で出来た入れ物のが食べたくて、うらめしいなぁと思っていました。
それも、皮付きのじゃがいもっぽいのじゃなく、長っ細い、いかにもジャンクなやつが良かった。

でも、いつのまにか買わなくなって、今となっては食うと胸焼けが・・・
きっと一生分食っちゃったんだよね。
僕のフライドポテト人生は既に終わったと。

あの頃は「フィレオフィッシュとフライドポテト嫌いなヤツは、絶対どっかおかしい!オレはそーゆうオトナにはならない!」くらい思っていたもんですが・・・
いや、実際おかしいのかも。
僕は、あの頃キミが思っていたような大人ではありません。残念ながら・・・


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
すきだった ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。